毛穴エステ 好転反応

毛穴エステにも好転反応ってありますか?

好転反応は、本来であれば東洋医学における治療の過程で起こるものだけに当てはまります。
鍼治療やマッサージ治療、漢方薬治療などを行った際、骨などが正常な位置に戻った状態に体が慣れないために痛みが起こったり、老廃物が血中に流れ込んで発疹が出たりします。
これが好転反応というもので、一番分かりやすいものだと、揉み返しというものが挙げられます。

 

この好転反応という言葉が、最近ではスキンケア業界でも使われるようになりました。
好転反応の理論は、治療の過程に起こる一時的な不調というものです。
ですから、肌トラブルのケアを行った際、そのトラブルが改善される過程に起こる症状に当てはめられます。

 

毛穴エステは治療ではありませんが、毛穴の状態を正常に戻すケアになります。
この過程の中で、もしかしたら好転反応が起こる可能性があります。
毛穴エステの施術内容によって違いはありますが、毛穴の状態を改善していくと、ニキビなどの吹き出物が出る場合があるのです。
その理由は、今まで毛穴の状態が整っていないため、排出されなかった老廃物などが一気に出てくるからです。
特に、毛穴エステをすると毛穴の状態が整うのが早いので、老廃物の排出がスムーズになりすぎて吹き出物が出来てしまうことがあるのですね。

 

これを好転反応と言うのは悪徳業者だけだ、という説もあります。
でも、エステサロンでは、あくまでも分かりやすく説明するために好転反応という言葉を使っているだけです。
こういった好転反応とも呼べる症状は、他のものでも起こります。
例えば、アトピーの方がアルカリイオン水を摂取すると、一気にアトピーが悪化することがありますが、そのピークが終わるとアトピーが改善されることがあります。
これは、アトピーが悪化したときに、体内のアレルギー物質などが一気に排出されるからです。
これも好転反応という形で説明されます。

 

いずれにしても、トラブルが改善されるときには、一時的にトラブルが悪化した状態になることは少なくありません。
ですから、毛穴エステでも好転反応があるということは理解しておきましょう。